★業者選びから完成までのプロセス

□□家を建てるためには、どういうプロセスで住宅が出来上がるかを知っておく必要があります。■■

マイホームのイメージ作り

おせっかいアドバイス

将来のライフスタイルの変化まで考え家族で話合い、整理します。 新しい暮らしを考えた家族データを作成すると便利。また、工法を最初に決めるのも一つの考え方です。

情報収集

建築予定地におおよそどれ位の規模の建物が建てられるか調べて見ましょう。住宅展示場や内覧会などの見学、専門誌やパンフレットを収集する。 住宅展示場は、一般的に基本プランより豪華にできていることが多い。鵜呑みにすると後で予算オーバーという事にも!案外役にたつのが、住宅の専門誌。住宅等の制限などは、市町村の建築指導課へ問合せすれば、教えてもらえます。

業者選択

工法、予算、信頼性、などの情報から数社を絞り込む。 1社に限定すると、比較ができず相手業者の術中に・・・。予算で考えている方に一言。車にグレードがありますが、住宅も同じです。価格と仕様のセットが選択基準です。

資金計画(概算)を立てる

自己資金と住宅ローン借入額を元に予算を組む。 住宅ローンを組む場合は、月々の返済額から借入額を計算すると、借入総額と返済年数が出しやすい。
敷地調査と地盤調査
依頼先の業者が調べてくれます。(但し、ご自分でも調べられる範囲で予備知識を持つ方が良いでしょう) 調査を依頼するとき、有料か無料か、また、どこまでの調査を行うか確認を忘れずに。
プランニングと概算見積
業者に間取の希望と予算を伝え、プランと見積りを依頼します。 営業担当者が間取りの聞き取りを行う場合が一般的だが、おぼつかないようであれば、的確にできる担当上司を指名しよう。プランでほとんどの場合、間取りが確定します。
業者を一社に絞り込む
プランの要望や提案の良否、営業担当や上司の対応、見積書の正確さなどを基準に一社に絞り込む。 見積については、疑問があれば納得するまで質問を繰り返し、相手の答えを記録しておくと、後に金銭のトラブルが少なくなる。
請負の申し込み
業者と請負についての約束事として、請負申込みをおこなう。正式な設計依頼と詳細見積書の作成を依頼し、具体的な資金計画を立てる。 申込み=仮契約というケースが一般的、申込み金も発生するので慎重に対応すること。
住宅ローンの申込み
一般的には業者が、ローン申込みを代行します。しかし、必要な書類はご自身で用意します。 住宅金融公庫を借入る方が多いようですが、無条件で申込むのは避けた方が良い。返済年数や諸費用などの点で銀行ローンの方が有利な場合もあります。
工事請負契約
設計図と見積書が納得のいくものになったら、本契約を締結します。 瑕疵保証と解約条項について、よく確認する事。
仮住まい探しと引越し

営業担当が斡旋してくれますが、ご自分でも探すこと。

仮住まいとはいえ、約6ヶ月の生活を考えれば条件の良い所を探した方が・・・。近所で建替えをした方が情報を持っています。仮住まいにしか貸さない貸家も結構あります。
既存住宅の解体

担当者と近隣の挨拶回りを行います。

解体工事前の挨拶回りを行いますが、過度の進物は不要。但し、確実に挨拶先の家族に会う事。業者任せにすると、近所の方から思わぬクレームがきます。
 地鎮祭、地縄張り

工事の安全祈願と建物の加護が目的です。

地縄張りには必ず立会い、隣接地との空きや家の配置に問題がないか確認しましょう。

基礎工事

地盤調査で軟弱と判定された場合は、杭うち工事等の補強工事が基礎工事前に行われます。

チェックポイントは、鉄筋の結束・土台が乗る部分のレベル。

上棟式(フレーミング)

上棟式を行う場合は、業者に費用の確認を。

2×4の場合はフレーミング、上棟式はやならいケースがほとんど。思った以上に費用はかかります。

屋根工事

図面や仕様書で現場をチェック。

建物は矩(かね=直角)が大事。柱や壁、床に要注意。

配線、配管工事

図面や仕様書で現場をチェック。 電気・水道設備の追加ができるのはこの状態が最終。スイッチやコンセントの位置が違うと後々不満に。良くある失敗は、打合せで変更したのに、職人さんが持っている図面が変更されてないケース。

内部造作工事

図面や仕様書で現場をチェック。

ドアや襖、窓の収め具合は要チェック。但し、調整ができるタイプはこの段階では、未調整。

外壁工事

図面や仕様書で現場をチェック。 サイディングなどの貼り物の場合は、継ぎ目の水切りとコーキングをチェック。サイディングの反りにも注意。

仕上げ工事

図面や仕様書で現場をチェック。 クロスや器具の取付け状態のチェック。傷などがあれば、記録しておくこと。

竣工検査

業者や自治体での検査。

施主検査

施主立会いの検査。納得すれば、現場の引渡し。

生活する上での目線でチェック。和室などは、畳に座ったり、寝てみて、チェック。この時点で問題点を指摘できなければ、ほとんどの場合、後では聞き入れてくれません。

引渡し

保証書やカギ、設備の取扱い説明書を受取る。

残工事や傷の補修がされてない場合、引渡しを受けない方がベター、入居したい気持ちが強いと思うが最後が肝心。

引越し・入居

待ちに待った入居です 引越し業者とのトラブルで多いのが傷。無理な荷揚げなど、家族でチェックが必要です。