★ 住いの法律豆知識  
◇自分の土地でも家は建てられない? ◇家の大きさや高さはが制限される?
〇.基準法や特定行政庁が認めた道路に2m以上接していない。 〇.用途地域によって建ぺい率・容積率が違う。
※道路には、公道・位置指定道路・建築基準法適用以前の道路ですでに4m以上あったものなど細かい規定があり、その道路に2m以上接していなければ建築が許可されない。 ※市街化区域には、用途地域を定め建築の制限を行っています。建ぺい率は敷地に対して建築できる面積の割合容積率は敷地に対して建築できる床面積の合計の割合
 
〇.市街化調整区域に指定され、既存権がない。 〇.都市計画法によって制限されている。
※ 都市計画法では、市街化区域と市街化調整区域に分けられ、原則的には調整区域には住宅は建てられません。但し土地に宅地並みの課税がされていたり、計画法施行以前から住宅が建っていた場合、建築できることがあります。
 
 
※ 建築しようとする土地が都市計画法で定めた区画整理事業や、計画道路上にある場合は建築物の構造や高さが制限されます。3階建や重量鉄骨建て、コンクリート住宅は建てられません。
 ◇敷地が削られる?  ◇木造住宅が建てられない?
〇.前面の道路が4mに達していない場合。 〇.防火地域に指定されてる。
※道路の定義に幅員は、4m以上という決まりがあります。当然幅員に足りない場合は、建築許可の条件として強制的に収用(行政庁に無償で提供)させれます。 ※建築基準法に防災のための地域指定がされています。住宅の延焼を防ぐ目的で、木造建築を許可していません。準防火地域では、木造でも建築できますが、隣地に近い場所では窓の大きさなど細かい規定があります。